新羅曼史之戀

關於部落格
玥兒的異想世界
耽美至上 華麗萬歲
  • 849371

    累積人氣

  • 60

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

[歌詞] 粉雪 平假名 拼音 日文

 粉雪(こなゆき)舞(ま)う季节(きせつ)はいつもすれ违(ちが)い
人混(ひとご)みに纷(まぎ)れても同(おんな)じ空(そら)见(み)てるのに 
风(かぜ)に吹(ふ)かれて似(に)たように冻(こご)えるのに 

仆(ぼく)は君(きみ)の全(すべ)てなど知(し)ってはいないだろう 
それでも一亿(いちおく)人(にん)から君(きみ)を见(み)つけたよ 
根拠(こんきょ)はないけど本気(ほんき)で思(おも)ってるんだ 

些细(ささい)な言(い)い合(あ)いもなくて 
同(おんな)じ时间(じかん)を生(い)きてなどいけない 
素直(すなお)になれないなら 
喜(よろこ)びも悲(かな)しみも虚(むな)しいだけ 

粉雪(こなゆき)ねえ心(こころ)まで白(しろ)く染(そ)められたなら 
二人(ふたり)の孤独(こどく)を分(わ)け合(あ)う事(こと)ができたのかい 

仆(ぼく)は君(きみ)の心(こころ)に耳(みみ)を押(お)し当(あ)てて 
その声(こえ)のする方(ほう)へすっと深(ふか)くまで 
下りてゆきたいそこでもう一度(いちど)会(あ)おう 

分(わ)かり合(あ)いたいなんて 
上辺(うわべ)を抚(な)でていたのは仆(ぼく)の方(ほう) 
君(きみ)のかじかんだ手(て)も握(にぎ)りしめる 
ことだけで繋(つな)がってたのに 

粉雪(こなゆき)ねえ永远(えいえん)を前(まえ)にあまりに脆(もろ)く 
ざらつくアスファルトの上(うえ)シミになってゆくよ 

粉雪(こなゆき)ねえ时(とき)に頼(たよ)りなく心(こころ)は揺(ゆ)れる 
それでも仆(ぼく)は君(きみ)のこと守(まも)り続(つづ)けたい 

粉雪(こなゆき)ねえ心(こころ)まで白(しろ)く染(そ)められたなら 
二人(ふたり)の孤独(こどく)を包(つつ)んで空(そら)にかえすから
相簿設定
標籤設定
相簿狀態